在留資格認定証明書交付申請
在留資格認定証明書というのは、日本に入国しようとする外国人に、その在留目的が入管法に定める在留資格に該当していることを、法務大臣が認定したことを証明する文書です。
この交付を受けた外国人は、在外の日本領事館に提示して査証の発給を受けます。
ただし、在留資格「短期滞在」と、永住を目的とする申請については、在留資格認定証明書は交付されません。

在留資格認定証明書の交付申請は、外国人の予定居住地または受け入れする企業等の所在地を管轄する入国管理局または同支局もくしくは出張所に対して行います。
そして、本人または代理人が行うことができます。
申請取次行政書士も申請の取次を行うことができます。




戻る