在留資格変更許可申請

外国人が、在留中に在留目的を変更したり、在留目的を達成したため他の在留資格に変更せざるをえない場合があります。
このように在留資格の変更を希望する場合、地方入国管理局・支局・出張所に在留資格の変更を申請することができます。
在留期間内であれば申請することができます。
しかし、法務大臣において在留資格の変更を適当と認めるに足る、相当の理由があるときに限り、法務大臣の裁量により、これを許可することができるとされており、申請すればだれでも許可されるものではありません。
在留資格「短期滞在」から他の在留資格への変更は、やむをえない特別の事情に基づくものでなければ許可しないものとすると定められています。
この在留資格変更許可申請は、本人の出頭に代わって申請取次行政書士が、申請取次ぎすることができます。

戻る