永住許可申請

「永住者」の在留資格は、日本に入国してから相当期間在留してから、法務大臣に永住許可の申請をして取得することになり、上陸に際して付与されるものではありません。
在留している外国人が、「永住者」への在留資格の変更を希望する場合、地方入国管理局・支局・出張所に申請をします。
一般の在留資格の変更よりも厳格な基準が定められており、素行が善良であること、及び独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること、また、10年以上引き続き在留していることの要件にも適合しなければなりません。
しかし、日本人、「永住者」または「特別永住者」の配偶者や子供が永住許可の申請をした場合、これらの要件が緩和されます。
永住の許可を受けると在留期間や在留活動の制限がなくなります。
この永住許可申請は、本人の出頭に代わって申請取次行政書士が申請取次ぎすることができます。


戻る