再入国許可申請

何らかの在留資格(短期滞在を除く)を得て日本に滞在する外国人が、日本国外へ一時的に出国する際に必要となる許可です。
この手続きをしないまま出国すると、たとえ永住許可を持っていても、お持ちの在留資格を失うことになります。

再入国許可には、有効期限内に1回限り出入国できるタイプと、有効期限内なら何度でも出入国できるタイプである「数次再入国許可」の2種類があります。
短期滞在者は、再入国許可は認められません。
また、数次再入国許可は、場合により認められないことがあります。

もし、在留期間の残余期間が短い場合は、あらかじめ在留期間の更新を行った後に、再入国許可の手続きを行う必要があります。


申請取次行政書士が、本人に代わって再入国許可を申請することも可能です。
その場合、申請者は原則として、入国管理局への出頭は必要ありません。



戻る