短期滞在査証申請

「短期滞在」とは、日本に短期間滞在して行う、観光・保養・スポーツ・親族の訪問・見学・講習または会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動をいいます。
期間は90日、30日、15日の3種類あります。
しかし、この在留資格を有する外国人は報酬を得る就労活動はできません。
「短期滞在」を目的とする査証は、外国にある日本公館に査証発給の申請を行います。
「在留資格認定証明書」の交付申請はありませんので、注意しなければなりません。
さらに、結果は受理した在外公館から直接本人に通知されますが、査証が発給されない場合でも、審査基準は非公開となっているため理由についての説明がありません。
スケジュールに余裕を持たせて申請する必要があります。



戻る